トピックス

第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールが終了しました。

2017.04.03

第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールが終了しました。
宗次ホールは今年で10周年記念、コンクールも第6回目を数え、今回は最多の応募者数で半数が海外からの応募者となりました。
また、国際コンクール経験者・入賞者も多数おり、ハイレベルなコンクールとなりました。
当コンクールは若い才能あるヴァイオリニストに国際的に活躍して頂くための支援を、という思いからホール開館を記念して創設され、現在では当社が管理を任されております「宗次コレクション」の中より、Antonio Stradivarius "Rainville"1697年製、Michele Angelo Bergonzi "EX.Mintz" 1764年製、Giovanni Francesco Pressenda "EX.Shultz" 1831年製の3本の名器を入賞者に無償で貸与するコンクールでもあります。

入賞された皆さんには、今後こちらの貸与楽器を手に国際コンクールやコンサートなど、世界中で幅広く活躍されることを期待しております。

結果などは下記のホームページより
http://www.munetsugu-avc.com/